ソーシャルメディアポリシー

ソーシャルメディアでの情報発信にあたっては、世界中の不特定多数の利用者がソーシャルメディアにアクセスできることを常に意識し、誠実かつ節度ある態度で参加します。

1. ソーシヤルメディアの定義

Facebook、Twitter、Lineなどに代表される、インターネットなどを利用してユーザが情報を発信し、あるいは相互に情報をやり取りする伝達手段のことと定義します。

2. 法令・社内規定・誓約事項の遵守

法令および当社が定める社内規定および誓約事項を遵守するとともに、良識を持った社会人として自己の行動に責任をもってソーシャルメディアでの情報発信を行います。

3. 発信内容についての自覚と責任

社員等は、ソーシャルメディアにおける情報発信を、自覚と責任をもって行います。一度インターネット上に公開された情報は、完全には削除することができないことを十分に理解し、情報発信については慎重に行います。情報発信にあたっては、誤解を与えない正確な情報の発信を心がけます。誤った情報を発信し、誤解を与える表現を行った場合は、速やかにお詫びと訂正を行います。

4. 業務目的外(私的利用)での利用

  1. 社員等がSNSを利用する場合、当社及び取引先の非公開情報、法律、公序良俗に違反する記載をしてはならない。
  2. 社員等が取引先社員とSNS上で私的に交流する場合、双方の立場をわきまえ、社会人として良識の範囲で交流すること。
  3. 社員等はSNSのセキュリティ設定の問題により、SNSのアカウントが乗っ取られ、悪用される可能性のあることに注意すること。
  4. 社員等は使用デバイス(PC、スマートフォン、タブレット)とSNSの設定により、使用デ、パイス上のデー夕、写真、位置情報とSNSが自動連携され、自分のプライパシーデー夕、写真、位置情報が予期せず公開される可能性のあることに注意すること。
  5. 社員等はSNSの予期せぬ設定変更、機能追加によりセキュリティ制限レベルが変わり、情報がより一般に公開される可能性のあることに注意すること。
  6. 社員等はSNS利用において、当社の非公開情報の漏えいの可能性、他利用者からのクレーム、中傷、炎上等により当社の信用失墜がある可能性がある場合は、部門長及び情報セキュリティ委員会に報告すること。

5. 権利侵害の禁止

当社または第三者の著作権その他知的財産権を侵害するような行為を行いません。また、第三者の名誉を鍛損したり、個人のプライパシーを侵害したりする行為を行いません。

6. 秘密情報・個人情報等の取扱い

業務上知り得た当社および取引先様の秘密情報を開示・漏えいしません。また、お客様または取引先様の承諾を得ずに、お客様または取引先様の個人情報を開示しません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする